スポンサーサイト

  • 2013.04.10 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    夕暮れに想う

    • 2011.08.18 Thursday
    • 05:59
     町を歩く夕刻

    手がオレンジに染まる

    角を曲がると

    家影から最後の夕日が顔を出す


    懐かしく切ないそんなひと時

    釘付けになって立ち尽くす

    誰かに傍にいてほしくなる


    やわらかくゆっくりと流れる時間





    幾重にも重なる電線や電話線

    流れる声や画像

    それぞれが、この時を生きている

    今、みんなは何してる

    僕はここにいます

    スポンサーサイト

    • 2013.04.10 Wednesday
    • 05:59
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      わぁ。。。
      黄昏時。オレンジに染まる夕陽。きれいですね。
      • ぷよん
      • 2011/08/20 11:41 PM
      やすべいの寂しい気持ちが写真にも詩からも心に伝わってきました。みんなさみしいのは同じだね
      • 石狩シンジ
      • 2011/08/26 7:50 AM
      ご無沙汰です。

      いろいろと大変だったんですね。
      まあ、なんとか秋田にて足固め中です。
      退社後はスクーターを飛ばし、撮影のポイント探しをしたり
      休日は、食糧確保のため、釣りをしようと考えたり、
      カメラのバックや小さな小物入れなど、自作を考えたり
      色んなことを考えています。
      あまり更新ネタも内容なので不定期のUPになりそうですが、よろしくお願いいたします。
      • やすべい
      • 2011/09/19 1:46 AM
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << July 2017 >>

      time

      カウンター

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      想い描く世界に 愛蔵版
      想い描く世界に 愛蔵版 (JUGEMレビュー »)
      きむ
      若々しい真っ直ぐな詩と
      弾けるような写真が良かった
      若さをもらった感じがした。

      recommend

      あき―吉場正和写真集
      あき―吉場正和写真集 (JUGEMレビュー »)
      吉場 正和
      このアイドルなら何千部売れるという皮算業で作られる写真集。そんな中一人の写真家が一人の女性を愛しく撮り続けた写真が写真集となる。
      写真を撮るの者が表紙の写真を見て戦慄を感じた。
      こんな表情、撮れるわけが無い!
      彼女の恋する瞳と愛するカメラマンの綴る写真集「あき」・・・こんな写真集はもう二度と出版できないだろう。
      カメラをもつ全ての人間の夢がこの写真集にある。
              By やすべい

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM